ごろごろシンプルライフ

猫とめんどくさがりの暮らし

奈良の旅~なんとなく飛鳥に行ってきた~

 

 

もともと奈良は好きで浅い知識で仏像巡りなどしてましたが

「そういえば飛鳥行ってないわ!!」と思い立ち

この前行ってきました。

 

奈良を見る前に体力つけとこう

 

f:id:amedam:20170619010404j:plain

電車で飛鳥駅にて下車。レンタルサイクルが充実してるので、駅から名所まで自転車移動になりました。

天気調べてませんでしたが運良く快晴。

「きっとサイクリング気持ちいよね!楽しみ!!」

 

ノープラン過ぎてサイクルショップの方が教えてくれた道順で名所を見ることに。

「こんないっぱい回るの無理じゃない!?」

「1ヶ所1ヶ所がめっちゃ遠くない!??(当社比)」

ここに来て気づくとは…(笑)

出鼻をくじかれましたが

体力さへあれば、ゆっくりと春の景色を楽しみながらコースを巡れるはずです。

 

体力ない人がギリギリ周れるコース

飛鳥駅→高松塚古墳飛鳥歴史公園館→天武・持統天皇陵→亀石→橘寺→川原寺跡→飛鳥寺→甘樫丘→鬼の俎・雪隠→猿石・欽明天皇陵→飛鳥駅

今回はこれで回りました。

モデルコースからいろいろ割愛せざるおえません…

これでも体力マックスまで使いました。

 

暮らしに溶け込んでる石造物

 

民家の横に!?こんな道の端に!?畑の横に!?

みたいな場所に石造物が点在してました。

方向音痴の人は見つけるの大変だと思います。

 

両手いっぱいにも収まらないこの石をどうやってこの場所に置いたのか、どうやってこの形にしたのか…想像もつきません。

長い歴史の中で自然と人が作り出した不思議な味わいを感じました(それっぽく言ってみた)

 

飛鳥寺と柑樫丘

 

飛鳥寺はお寺も日本最古、大仏も日本最古ということで

見ない人はどうかしてますね(笑)とりあえず最古は見ないと!サイコーだから…

思ったんですがお寺は山の方にあることが多い中ここは平地。周りは田んぼ。

見ていて不思議です。

 

飛鳥大仏

にわか知識の人間でもわかる程度には、よく見るお釈迦様と違う造形です。

すごくシュッとしてるね!!

法隆寺の金堂釈迦三尊像と似ているのは作者が一緒と言われているようです。

思いのほか大きくてびっくりしました。

仏像見るときの私なりの偏見に満ちた見方を1つメモしときます。

  ●いつごろ造られたか予想してみよう

  • 飛鳥時代→シュッとしてる!
  • 白鳳時代→飛鳥よりふわっとしてる!
  • 天平時代→ちょっとリアルでいい感じ!
  • 平安時代→初、中期と後期とかわからん。ゆったりふっくら目はキリッとしてる!
  • 鎌倉時代→ぷりっぷり。強そう!

以外と当たったりします。当てっこ楽しいです。

 

ひっそり首塚

住職「お寺の裏に蘇我入鹿首塚あるから行ってください」

まじか!なんか凄い恐れ多い!!

首塚という殺伐としたものと

近くに畑耕す人がいたり、田んぼが広がってまぁゆったりのんびりした場所が相まって

何とも言えない感じ。景色は最高でした。

 

柑樫丘

f:id:amedam:20170619011406j:plain

 

飛鳥を360度見渡せるホントに素敵な場所です。

ここに来るまでの疲労感が吹き飛びました。丘まで登る階段もそこそこのキツさでしたが。

テーブルとイスあったのでここでお弁当食べました。いつもよりウマッ!ほぼもやしのお弁当でさえウマッ!

360度見渡せます。最高。言うことなし!春は桜も奇麗です。

 

古墳全然見れてない

 

17時までに自転車を返却しなければならず序盤からめっちゃ急ぎました…が、

古墳は数ある内の1ヶ所しか行けず、次回は古墳だけ見に行くことになりそうです。

体力ない人、のんびり飛鳥の名所を堪能したい人は複数回に分けていこう!

今回の教訓です。当たり前だな。

のんびり行きあたりばったりも良いんですが、

事前に計画しとけば、こんなに疲れることもなかったかもしれません。

 

広告を非表示にする